tubomaru-world

2006年4月27日ブローチでブログ開始。 2014年3月26日ライブドアに移転。 音楽、読書、健康etc、いろいろ書いてます。

Category: エンタメ

昨日県民会館でミュージカル「ミス・サイゴン」を観てきました。

ミスサイゴン

 土曜日2回、日曜日1回の公演で、全ての役がダブルキャストまたはトリプルキャストとなっています。 市村正親主演ということで買ったチケットでしたが、皆さん周知のとおり病気療養で降板、この日の公演は筧利夫でした。 

ストーリー:1975年4月、ベトナム戦争は、終焉を迎えようとしていた。ベトナムの田舎娘だったキムは、17歳で家族を失い、家を焼かれ、首都サイゴンま で逃げてきた。そこで、フランス人とベトナム人の混血の、通称「エンジニア」の経営する売春宿で働くことになった。最初のお客は米兵のクリスだった。クリ スは、戦争に嫌気がさしていたが、戦友のジョンのおごりでキムを買うことになった。キムとクリスはお互いにひかれ愛し合い始めた。

1975年4月30日、サイゴン陥落の日、クリスはキムを連れてアメリカに帰ろうとしたが、混乱でキムに会うことができず、一人で帰国した。帰国後3年たち、クリスはエレンと結婚する。

キムには、13歳の時に親が決めた婚約者トゥイがいた。トゥイは新政府のもとで高い地位に上り、キムを探しあてる。しかしキムは結婚を拒み、クリス との間にできた子供タムがいることを告げる。逆上したトゥイはタムを殺そうとした。キムはやむをえず、トゥイをクリスが残していった拳銃で撃った。キムは エンジニアとともに、タイのバンコクに逃げる。

1978年9月のアトランタ、ベトナム帰還兵がベトナムに残してきた子供(ブイ・ドイ)の支援活動を行うための集会の場で、ジョンはクリスに、キムがバンコクで生きており子供がいることを告げた。クリスは苦しむが、エレンとともにバンコクに行くことを決意する。バンコクのキャバレーで、 キムはホステス、エンジニアは客引きとして働いていた。キムを探しに来たジョンに会い、キムはクリスがバンコクに来ていることを知ったが、ジョンはクリス に妻がいることを言えなかった。キムはクリスの泊まっているホテルに出向く。そこにはエレンがおり、キムは、クリスに妻がいることを知る。

キムの夢は、タムをアメリカに連れて行き、幸せな生活を送らせることであった。しかし自分がいては、タムもアメリカに行けないことを悟り、自ら命を絶つことを決意した。  (ウィキペディアより)

 エンジニア役が筧利夫、キム役が知念里奈でした。


マクベス昨日、野村萬斎主演の演劇「マクベス」を観てきました。
『マクベス』(Macbeth)は、1606年頃に成立したウィリアム・シェイクスピアによって書かれた戯曲である。勇猛果敢だが小心な一面もある将軍マクベスが妻と謀って主君を暗殺し王位に就くが、内面・外面の重圧に耐えきれず錯乱して暴政を行い、貴族や王子らの復讐に倒れる。実在のスコットランド王マクベス(在位1040年–1057年)をモデルにしている。
 (Wikipediaより)
  シェイクスピアの4大悲劇のひとつが和風にアレンジされていて(狂言っぽさが感じられました)、良い意味で不思議な感じが終始していました。
 マクベスが魔女に騙されて王を暗殺し、身の危険を感じて逃げた王子を犯人に仕立て自ら王位に就くが、常に不安を感じていて、やがて錯乱状態になり最後は魔女に殺されてしまうという設定になっていましたが、そのへんは人間の心の弱さを表しているように思えました。 
 魔女を登場させることで悲劇の中に少しファンタジーが感じられる演出になっていました。

 一月以上前-PCが壊れている頃-のことですが、2泊3日の旅行に出ていました。

 1日目はZEPPダイバーシティ東京。 佐野元春のライブです。
 CSのテレビ局「エムオン」ガ企画した名盤ライブ、その第1弾が元春の「SOMEDAY」でした。
 どんなアーティストでも長年やっていれば歌わなくなった曲があると思います。 「SOMEDAY」には11曲収録されていますが、普段のコンサートで歌うのはその中の4曲くらいです。

 それがこのライブでは全曲聴けたわけですから感動の極みでした! アルバム1枚を全曲歌うという形式なのでアンコールはないかなと思っていたら、「SOMEDAY」と同じ年’82年に発売された「ナイアガラトライアングルvol2」に収録されていた3曲をアンコールでやってくれました。 これまたサイコー! こんな選曲のライブは二度とないと思うので、貴重な貴重な体験でした。


 2日目は出雲へ向かいます。 その話は次の更新で。

 

 昨日の新聞記事の話しです。 更新の時間が無くて遅れました。

 ディズニーがルーカス・フィルムを買収するそうです。 勿論あのジョージ・ルーカスが設立した、スター・ウォーズ・シリーズ、インディ・ジョーンズ・シリーズなどの制作で知られる映画会社です。

 ディズニー側は2015年に「スター・ウォーズ エピソード7」の公開を目指しているそうです。
 そのうち東京ディズニー・リゾートにスター・ウォーズのアトラクションができるかも?

 

 毎週土曜日NHK Eテレで放送していた「glee」。 先週の土曜日でシーズン1が終了。 今週からシーズン2が始まります。

 スルーレイに録画したままで一度も見ていなかったので本日のお昼休みからついに上映を開始しました。

 REOスピードワゴンの「涙のフィーリング(can't fight this feeling)」、オリヴィア・ニュートン・ジョン&ジョン・トラボルタの「愛のデュエット(You're the one that I want)」、ジャーニーの「Dont Stop Believing 」 etc・・・
 70年代、80年代のヒット曲が歌われていて洋楽ファンにとっては純粋に楽しめるドラマです。

 興味のある方、あらすじはこちらで

 

↑このページのトップヘ